万が一に備えられる団信|環境ステーションを介すことでより良い環境がスムーズに手に入る

環境ステーションを介すことでより良い環境がスムーズに手に入る

万が一に備えられる団信

建物の模型

団信に加入しよう

収益物件を購入する際には、金融機関から借入れを行うことが一般的です。収益物件の価格は高額であるほか、借入れによりレバレッジ効果を得ることができます。自己資金を非常に効率的に運用できる借入れを行う際には、団体信用生命保険に加入するようにしましょう。団体信用生命保険は、団信とも呼ばれています。居住用住宅の借入れでも加入できる団体信用生命保険は、収益物件の借入れでも加入することが可能です。団体信用生命保険に加入することで、万が一の事態に備えることができます。もし債務者が死亡した場合には、借入れ残高を生命保険会社が金融機関に全額支払ってくれます。また、不慮の事故や病気により働けなくなった場合にも、借入れ残高の全額を生命保険会社が肩代わりしてくれます。

生命保険代わりになる

団体信用生命保険に加入することは、収益物件を生命保険代わりにすることができます。家族に借入れ残高が一切ない収益物件を遺せるほか、家族は収益物件からは毎月安定した家賃収入を得ることができます。働けなくなった場合にも債務を気にすることなく家賃収入を得られるため、自分の生活を守ることが可能です。また、団体信用生命保険に加入することで、現在加入している生命保険を見直すこともできます。死亡保障を減額することができるため、保険料負担を軽減させることが可能です。また、その分入院保障を充実させることもでき、より自分に合った保障内容に変更することができます。金融機関からの借入れには、負のイメージを抱かれている方がいらっしゃいます。しかし、自分と家族を守ることができる面があり、決して損をすることはありません。