困窮した老後を防ごう|環境ステーションを介すことでより良い環境がスムーズに手に入る

環境ステーションを介すことでより良い環境がスムーズに手に入る

困窮した老後を防ごう

マンション

一般的な方こそ行うべき

不動産投資として収益物件の購入を行うのは、富裕層だけと決めつけている方は要注意です。安定した家賃収入を得られる不動産投資は、老後資金を着実に築ける方法です。そのため、不動産投資は富裕層ではなく、本当は一般的な方が行うべき投資です。不動産投資を行っている方の大半が一般的な世帯の方であるほか、ほとんどがサラリーマンの方です。不動産投資は富裕層が行うものと決めつけていては、自分だけが困窮した老後を迎える可能性を高めてしまいます。豊かな老後を迎えるために、今すぐ収益物件の購入を検討しましょう。しかし、収益物件を購入するのには、多額の自己資金が必要だと不安に感じている方は多いことでしょう。どのくらいの自己資金があれば収益物件を購入できるのでしょうか。

必要になる自己資金の額

収益物件を購入するためには、金融機関から借入れをする必要があります。そのため、いくらの自己資金が必要なのかは、金融機関の審査が承認されるかで考えなければなりません。一般的に金融機関は、収益物件価格の5%前後の自己資金を求めてきます。1000万円の収益物件であれば、50万円の自己資金が必要です。また、仲介手数料や登記費用、固定資産税、火災保険料などの諸経費に別途50万円ほどが必要になってきます。そのため、合計100万円ほどの自己資金があれば、不動産投資を開始することができます。また、不動産投資会社の中には、自己資金が0円でも開始できるシステムを導入しているところもあります。そのような不動産投資会社の収益物件は収益性が高く、収益物件の担保評価だけで全額を借入れすることができるのです。やろうと思えばすぐに不動産投資を開始できるため、誰もが安定した家賃収入を得ることができます。